忍者ブログ
 
クリーチャー造形 from Space.
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
メールはこちら
the_astro_six@yahoo.co.jp
最新CM
[09/15 TARO]
[02/09 ヒゲ氏]
[02/08 いなりん]
[02/08 いなりん]
[02/07 いなりん]
最新TB
プロフィール
HN:
THE ASTRO SIX
性別:
男性
自己紹介:
シロとクロの二人組によるクリーチャー造形中心のアマチュアディーラーです。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
アクセス解析
ワンフェス後の久々の更新。
サボってたわけじゃぁねぇんだーぜ。
ども、シロです。

インダストリアルクレイを使い始めたものの、やっぱりスカルピーとは勝手が違いますね。必要なツールも揃えなきゃいけないし。

まず、ご存知インダストリアルクレイは硬化しないマテリアルなのでスカルピーのように原型を手で持っていじることが出来ません。なので原型を固定するものを用意しないと話しにならんっつーことで、自作しました、スタンド付き回転台!!ドギャーン

kaitendai.jpg

こないだ実家に帰ったついでに、実家の近くのホームセンターでネジやらボルトやら板やらをバラで購入。他に回転台やスタンドを自作してらっしゃる方のを参考に見よう見まねで作ってみました。材料費は全部ひっくるめても1500円。こりゃ安上がり。ホームセンターのネジとかのバラ売りコーナーはテンションあがります。なんだって作れちゃう気になれちゃう。ネジ一本5円以下で買えたりするんだなぁ。原型に流用出来そうなパーツも多々発見でした。
シンプルながらに使い勝手はいいよん。インダストリアルクレイに土台は欠かせない。


そしてインダストリアルクレイ造形と言えば「かきとりツール」とか呼ばれてる輪っか状のアレですが、まだ所持してません。今はスカルピーとかで使ってた通常のスパチュラと、造形仲間から借りたヒートスパチュラつかってます。グフみたいな。使用中はかなりホットなので机の上に転がしておくわけにもいかないので、半田ごて置きのような専用のスタンドも自作しました。

manriki.jpg

2箇所をホールドできる万力は100均にて購入。一箇所(下)は机をがっちりホールド。もう一箇所(上)は同じく100均で購入したよぅからん金属製の筒を掴んで固定。その筒にヒートアップしたスパチュラを差し込んでおけば安全快適に作業が出来るってぇ寸法。









kinnikuman2693.jpg









ツールとか自作するのは楽しいですよね。ラヴ・DIYの心。



最近知ったんですが、インダストリアルクレイの表面処理には油絵に使用する溶き油なんかがいいみたいですね。普通の水でもイケるらしいですが、使ってみた感じ溶き油の方が好感触?

20100218012131.jpg

インダストリアルクレイ原型のカサカサお肌がツルツルお肌に。
やったぜテレピンオイル。
すごいぜスピリット・オブ・ターペンタイン。

次は気になる原型の途中経過でも載せれたらと考えてます。でもその前にこないだのカミキリ虫の塗装完成型を仕上げないとなぁ。ぎょぎょっ。



以上、交信終わりっ

追記。ヒートスパチュラだのヒートサーベルだの言ってましたが、どーやら今使ってるのがいわゆる「ワックスペン」でした。無知オソロシス(´∀`)

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.22No.21No.20No.19No.18No.17No.16No.15No.14No.13No.12